WORKS 施工事例

TRY/ANGLE HOUSE

DATA

完成 2018年6月
所在地 一宮市
家族構成
建築費 2800~3000万円
延床面積 100.62㎡

NOTE

敷地は三角形。
一日中交通量の多い国道22号線沿いに位置する不整形な敷地(約55坪)で延床30坪程度の家としての機能が求められた。
敷地形状から伴う建てにくさを空間の豊かさに変換すること、また国道22号沿いという喧噪の中でいかに家族のプライバシーを確保し街に対する表情をいかに演出するかが設計テーマとなった。

平面形状は三角形の敷地にならって三角形状を基本としつつ水まわり空間を閉じたまとまったボリュームとして張り出し、居室全体がオープンエンドにつながる空間を目指した。
三角形の頂点にあたる部分に中庭及びDKを配置して、そこを中心に平面的に広角に開けたプランとし、また平屋形状のつくりながらリビングと和室をスキップフロアとして、立体的にも広がりを感じられる空間としている。

立面上ランダムに配置された大小さまざまな窓は街の喧騒からプライバシーを適度に確保しつつそれぞれの生活のシーンを縁取っている。
屋根勾配なりに張ったレッドシダー貼の勾配天井に覆われたひとまとまりの空間とし、また南北方向に張ったアカシアのフローリングができるだけ建具を無くして空間を分断せずにつながることで実際には奥行の小さい空間でありながら奥行き感を感じられるようにしている。

三角形とスキップフロアという内部空間から生れる異なるアングルでの空間に彩りと広がりを感じられることを期待している。

一覧へ戻る