WORKS 施工事例

縁側のある家

DATA

完成 2018年11月
所在地 一宮市
家族構成 夫婦+子供1人
建築費
延床面積 85.29㎡

NOTE

敷地は2面が道路に面した南北に長い形状をしていました。50坪に満たないその土地に、クライアントから最初にあがった要望は、平屋かあるいはそれに準ずる形態の家でした。
プライバシーに配慮しながら、いかに豊かな内部空間を確保できるか?
それを解くための鍵もまた、クライアントから要望としてあがった「縁側」にありました。
縁側は四季を持つ日本の風土において、夏の日差しを遮り、冬の日射を確保し、快適な室内環境を実現することができます。
また内外をつなぐ中間領域として機能することで、この敷地の中で大きな開口部を設けることが可能になり、外部を取り組んだ明るく開放的な内部空間を実現しています。
これから続いていくながい暮らしの中で、縁側が家族の憩いの場となる一方で、今はなくなりつつある「ご近所付き合い」を、無理なく可能にしてくれるような、外部に開かれた住宅となることを願っています。

一覧へ戻る