WORKS 施工事例

大須シネマ(テナント改修)

DATA

完成 2019年4月
所在地 名古屋市
家族構成
建築費
延床面積

NOTE

名古屋で最初に映画館ができた街、大須商店街に映画館を復活させたい。

この思いのもと映画館つくりのプロジェクトが始まり、場所は大須商店街・万松寺通、通りから入った路地に面した

高さ5.7m・広さ93㎡の鉄骨造平屋の建物内に映画館と厨房スペース

それから憩いの場となるフリースペースを設けることとなった。

 

固定席28(臨時補助席含め42)の規模はミニシアターと呼ばれる大きさだが、可能な限りメインの観覧スペースを広くとり、収容人数に対して一人当たりの占める空間を

前後座席の空間と天井高を大きめに大きくすることでゆったりとした居心地を感じられるよう

ホームシアターを拡張した非日常な空間で映画と向き合えるような計画とした。

音響に関してもシネコン仕様の音域の広いものでなく、ホームシアター仕様でありながら、壁の反響・残響を考慮して遮音材と吸音材のバランス配置をおこない、クリアな音響を目指した。

また、フリースペースは待合スペースを兼ねながら、既存建物の裏庭に面して緑を眺めながらの憩いの場所として配置した。

 

これからみる映画や見た後の余韻に浸れるような、映画について語り合えるようなそんな和みの場所となるよう期待している。

 

一覧へ戻る