WORKS 施工事例

和を感じる家

DATA

完成 2017年5月
所在地 一宮市
家族構成 夫婦+子供2人
建築費
延床面積

NOTE

角地に建つ周辺に対して閉じた黒いガルバリウム鋼板を用いたボックス形状が特徴的な外観です。

両親の母屋の隣に立つ新居は、玄関アプローチを母屋側に向けてお互いの親和性を確保しています。

内部は主要な部屋が中庭に向けて開口を設けており、開放的な広がりのあるプライベート空間としています。

木梁あらわしのLDKに畳スペースがつながり全体的に和のイメージを感じる柔らかい空間としています。

ほとんど平屋に近いプラン構成ですが、子供室にあたる部屋を2階に配置することで、建物のボリューム構成にリズム感を出しています。

一覧へ戻る