計画換気

(ローヤル電機SEシリーズ or マーベックス澄家DCシリーズ)及び全棟気密測定

計画換気

計画換気

現在の日本の新築住宅には“24時間換気”が義務化されています。(建材や家具などから発生するVOC・揮発性有機化合物をはじめとしたシックハウス症候群の原因物質の人体への影響が問題視されるようになり、2003年から家の中の空気が2時間に1回入れ替わるように換気する“24時間換気”が義務化されました。)住宅で採用される24時間換気システムには「第1種換気システム」と 「第3種換気システム」の2種類あります。
家の中の空気を入れるところを「吸気口」、外へ吐き出すところを「排気口」といいます。
この吸気と排気のシステムが「吸気は自然吸気」「排気は機械排気」の事を「第3種換気システム」と言います。自然吸気なので要は「穴が空いているだけです」。空気の入れ替えは排気口についている「機械排気」のファンをまわす事によって吸気口から排気口へ引っ張って換気を行う仕組みです。それに対して、吸気と排気の両方を「機械」で強制的に行うシステムの事を「第1種換気システム」といいます。
それぞれメリット・デメリットはありますが、河合工務店では常にきれいな空気が循環している健康な暮らしができる空間づくりを叶えるために「第1種換気システム」を標準採用しております。
また、換気システムの働きを最大限生かすために全棟気密測定を行い、換気の妨げとなる余分な隙間を極力抑えた家づくりを推奨しております。(隙間相当面積を表すC値は1.0未満を基準としております。)