REPORT 施工レポート

YKK APW330 樹脂サッシ取付ました。一宮市

河合です。一宮市の平屋建ての新築工事現場。
昨日はお施主様との現場でコンセント打ち合わせでした。
その間に大工さんが黙々とサッシの取り付け。
採用させていただいたのはYKK APW330樹脂サッシです。
ガラスはもちろんLOW-Eガラス。
そして今回はフラット35SのタイプA仕様。
耐震等級3同等、省エネルギ―に優れた住宅(省エネトップランナー基準)
その住宅を作るにはいろいろとやらなければなりません。
サッシ周りには気密パッキンを設置しながら、より気密性を高めています。
2016_0609_083128-IMGP9870
サッシ周りに見える黒いものが気密パッキンです。
2016_0609_083050-IMGP9867
2016_0609_083109-IMGP9868
サッシが全て設置できたので、今週末には透湿防水シートを張っていきます。
これで梅雨の雨にも、安心です。
現場確認後、今日は大垣市の新築工事現場。
今日は業者さんがわんさか。物はいっぱいあるし、現場の中は戦争になっています。
2016_0609_083134-IMGP9871
ようやく階段の手すりが出来上がってきたので、設置してみました。
かなり、いい感じ。さすが、アトリエ建築家。
2016_0609_155554-IMGP9875
2016_0609_162456-IMGP9876
各部屋にはポイントクロス。これもまたいい感じ。デザイン住宅。
来週中ごろには完了検査予定です。頑張っていきましょう。
大垣市の新築工事現場から事務所に帰る途中に江南市の新築工事現場に立ち寄りました。
現場内はもうすでに職人さんたちは誰もいません。外壁工事も順調に進んでいました。
足場の上から確認。
2016_0609_191815-IMGP9884
2016_0609_191539-IMGP9880
今回の外壁サイディングはニチハのフラットサイディングのホワイトを採用。
シンプルモダンのデザイン住宅。もちろん高気密・高断熱住宅。そして耐震等級3認定住宅です。
吹き抜けがあるデザイン住宅なので、構造計算をしていただいている先生といろいろ相談して、
何とか耐震等級3を確保しました。

一覧へ戻る