REPORT 施工レポート

注文住宅

河合です。建売住宅との違いについても考えてみました。

まず、建売住宅との違い(あくまでも自分の考えです)。

同じ予算なら、良い立地のところに住める。整形地が多い。

完成品、すでにできあがっている住宅を購入するので、イメージができる。

テーブル、椅子などの家具、生活スタイルを家に合わせる。

注文住宅よりコストが安い。

間取り、設備、仕上げ材などすでに決まっているので打ち合わせをしたり、悩んだりすることないので、

時間が掛からなくて済む。

完成品を見て購入するか、決めるので後悔が少ない。

工事の経過を見ることができないのでどんな材料が使われているか、わからないし、どんな工事がされているかわからない。

注文住宅はまさに正反対です。建物の位置から始まって、間取りはもちろん、コンセント、スイッチ

の位置など全て建築家の先生と一緒に相談しながらつくりあげていきます。

自分のライフスタイルに合わせて全て決めることができる。(予算の調整もありますが)

建築家の先生との打ち合わせがあり、時間もかかります。(通常で図面が出来上がるまで最低4か月くらい掛かります。)

建売住宅に比べるとコストが高い。

図面だけでは空間が把握しきれないので、イメージが付きにくい。(当社ではパースなどで補てんしています)

注文住宅が高くなるのはお客様の要望、条件に合わせて設備、工事業者が動いたりするので工事にかかる費用が上がってしまいます。全てオーダーになるため、割高になります。

お客様の仕様に沿って工事をしなければならないため、工事の経過を確認できる。

これはあくまでも私自身の考えです。

今日は屋根工事の確認。トップライト

2016_0414_094723-IMGP8771

2016_0414_094746-IMGP8772

雨仕舞の確認。水を流して確認です。問題なし。

 

 

 

一覧へ戻る