REPORT 施工レポート

気密検査 行いました。稲沢市

河合です。昨日は強風でしたが気密検査を行いました。しかし、エラーばかりなので検査にならず。
今日朝一番から再度気密検査を行いました。
私、河合は少し遅れて現場に到着。
すでに一回目の検査は終了していました。
検査結果は気密住宅の標準値C値1.0は楽々クリアしていましたが、河合工務店の規定値には及ばず。
気密圧を高めてどこから漏れているか調査。
玄関サッシの沓摺部分から風を感じます。この部分は私が施工した部分。
風の感じるあたりを覗きこむと外の青い空が見えます。
すぐさま、ウレタンガンとコーキングをもって気密工事。
そしてもうひとつ、床下の通気ガラリの廻りからも風を発見。
パッと見はしっかりと気密工事は施工してありますが、床すれすれの部分の気密工事は施工難度が高い。
大工さんが再度ウレタンガンでひと吹き。風を感じなくなり、再度気密検査。
2017_0418_083630-IMG_0359
2017_0418_083626-IMG_0358
2017_0418_090348-IMG_0360
満足のいく検査結果でした。後日、正式な検査結果が出てきます。
皆さんに挨拶をして次の現場に移動です。
一宮市小信中島新築工事現場
今日は基礎の型枠払い。
現場を見るとすごいことになっていました。
昨日の雨でたっぷりと水が基礎内に溜まっていました。
深さ約10センチ。
目視でコンクリートの水密性の良さがわかります。
2017_0418_125941-IMG_0362
2017_0418_130102-IMG_0365
基礎の立ち上がり部分を見ても水漏れが見当たりませんでした。
2017_0418_130233-IMG_0366
見ている私はいい気分ですが、職人さんたちは晴れているのに長靴を履いての作業。
うれしい反面、職人さんにはすいませんと思うばかり。
しかし、これでお施主様にもしっかりと報告ができます。
今日は型枠払いと天端のレベリングのバリが出ているのでクリーニング。
明日には基礎天端のレベリング確認と玄関内部のコンクリート打設予定。
週末から大工さんが土台伏せ工事が始まります。来週4月27日上棟予定。
皆さん、怪我のないように頑張っていきましょう。
このあと、岡崎市新築工事現場
今日から大工さんが床を施工。無垢材のパイン。
足触りのとても良い表情豊かな床材です。針葉樹系なのでとても柔らかい、節の多い床材です。
2017_0418_164041-IMG_0374
天井の下地組もほぼ完了。
2017_0418_164022-IMG_0371
2017_0418_164029-IMG_0372

一覧へ戻る