REPORT 施工レポート

床材 ロッジポールパイン

河合です。一宮市新築工事現場。

大工さんがまずは2階から床を張り始めました。

今回、採用させていただいたのはロッジポールパイン材。

北米を原産とするパイン材で、ロッジ(小屋)のポール(柱)に使われていたことに由来しているパイン材です。小径木の為、節が小さく、そして木肌の白さが材の特徴です。経年変化でアメ色に変化していきます。無垢材の中でも特に柔らかく、優しい踏み心地を味わえます。

IMGP4096IMGP4097

キッチン同時給排気配管

IMGP4099

第1種換気システムが搬入されました。箱だらけ

IMGP4098

外壁工事の方は職人さんがぎっくり腰から復帰予定。

明日はまず木下地工事予定。

 

一覧へ戻る