REPORT 施工レポート

土台伏せ工事 2日目 一宮市

河合です。今日は土台伏せ2日目。昨日は大工さんが3名いたのですが、今日は1名。
なので、中山さんと私はお手伝い。葉栗電機さんもお手伝いをしていただきました。
まずは朝一番から防蟻工事。
2016_0524_085052-IMGP9487
2016_0524_090330-IMGP9488
床下の第1種換気システムを採用しました。
床下の空気が全部屋に回るため、防蟻剤はホウ酸系を採用させていただきました。
昨日も書きましたが土台はベイヒバ。
葉栗電気さんは換気システムの設置作業。
2016_0524_105238-IMGP9491
大工さんと中山さんは床下のスタイロフォームを外周部分に設置していきます。
葉栗電機さんは各部屋にダクト配管を設置していきます。そのため床下は配管だらけになります。
2016_0524_112421-IMGP9492
2016_0524_112425-IMGP9493
今日も暑いので熱中症にならないようにしっかりと水分補給。
鋼製束の廻りは熱橋を防ぐためしっかりと吹付け断熱。
高気密・高断熱住宅は床下が命、そして手間がものすごくかかります。
2016_0524_162000-IMGP9505
水曜日または木曜日には雨が降る天気予報になっているので今日は頑張って床工事を完了しなければなりません。
2016_0524_170239-IMGP9507
大工の親方も黙々と頑張ってくれています。ネタレス合板もほぼ設置できました。
ネタレス合板を敷き終えたら、養生シートを敷いていきます。
2016_0524_175145-IMGP9508
空気が入らぬよう空気抜きをしながら、敷き詰めます。
最後に厚手のブルーシートで覆い被せていきます。雨が降っても床下に入らぬようにさらに養生。
2016_0524_180426-IMGP9509
棟梁大工の国立さん、葉栗電機の古田さん、そして中山さん暑い中ご苦労様でした。

一覧へ戻る