REPORT 施工レポート

今日の作業

河合です。今日は基礎のレベリング工事です。

高気密・高断熱住宅では非常に重要な工事。レベル高低差2mm以下にしなければなりません。

なぜなら、基礎天端と土台下端の取り合い部分に隙間ができ、その隙間から気密漏れが生じます。

気密パッキンを使用していますがより精度の高い気密を確保するためです。

型枠払いの際、レベル検査を行います。

材料確認

2015_1017_111637-IMGP6431

2015_1017_111652-IMGP6433

2015_1017_111707-IMGP6434

レベル調整治具でレベル設定していきます。あとはレベリング材を施工していきます。

職人さんの打ち合わせ後、リフォーム現場に直行しました。

壁下地途中です。

洗面室なので耐水プラスターを使用。そして洗面化粧台取付部分にはベニヤ施工しています。

2015_1017_120153-IMGP6435

2015_1017_120222-IMGP6436

居室部分はピンクのボード ハイクリーンボードで施工しています。

2015_1017_120319-IMGP6437

カーテンレールの下地も補強しています。

2015_1017_120635-IMGP6438

職人さんも頑張っています。

和室の塗り壁部分 下塗状態

2015_1017_120939-IMGP6439

下地を乾燥させなければなりません。仕上げ塗りは来週後半予定。

現場確認後、大口町の新築工事現場の方から職人さんからの電話。

外壁工事下地での職人さんから質問。現場に向かいました。

2015_1017_150531-IMGP6443

2015_1017_145532-IMGP6441

防水シートを施工中です。このシート 断熱性能が抜群。

2015_1017_150539-IMGP6445

サイディングのジョイントの位置確認等職人さんと打ち合わせ。

2015_1017_145511-IMGP6440

そして内部

2015_1017_151422-IMGP6447

2015_1017_151510-IMGP6448

ユニットバスが設置してあり、床材も張り終わっています。

しかし、今日は鈴木大工さんが運動会でお休みでした。鈴木パパも大忙しです。

 

 

 

 

 

一覧へ戻る