REPORT 施工レポート

一体打ち基礎工事 型枠工事始まりました。

河合です。昨日基礎配筋検査無事、合格。
今日、明日2日間で型枠工事を完成しなければなりません。
しかし、基礎屋さんも手馴れたものなので大丈夫。安心しています。
明日は夕方に最終確認予定。先行アンカーボルト設置工事も確認します。
2016_1201_091504-IMGP2205
そして、午後から春日井市貴船町の新築工事現場の向かいました。
瑕疵保険の躯体検査、中間検査を受ける為の確認です。
屋根工事の方は明日施工予定。今日は屋根の四方向に唐草金物を設置。
2016_1201_150417-IMGP2210
2016_1201_150427-IMGP2211
2016_1201_150519-IMGP2213
開口部分にはブルーシートで雨養生。

今日は河合工務店が採用している屋根を取り上げてみました。
金属屋根 ガルバにウム鋼板の立平葺き メリットは瓦屋根より軽量。地震に強いとさせています。
色の種類が豊富なため、デザインしやすい。
デメリットは金属屋根のためさびで腐食するので定期的なメンテナンスが必要。雨音が響きやすい。
金額は瓦屋根との差額があまりなくなってきている。
2015_0314_132121-IMGP3552
2016_0831_094338-IMGP0810
2016_0702_165811-IMGP0241
2016_0429_171307-IMGP9096
瓦屋根 洋瓦、スペイン瓦、日本瓦など瓦の種類がある。平瓦、和型が多い。
メリットは金属屋根より重さがあるため、風に強いとされている。長期間品質が変わりにくいのでメンテナンスがあまり必要でない。
デメリットは重いので、地震対策が必要。瓦自体割れる場合がある。屋根勾配が必要。
2016_0630_111404-IMGP0195
2016_0702_124236-IMGP0219
どんな屋根が好きですか?

一覧へ戻る