REPORT 現場レポート

防水工事

河合です。防水の種類はいろいろ。基礎立ち上がり部分にはアスファルト塗膜防水。排水配管周りからの水の侵入に配慮するため、防水職人さんと協議の上採用決定しました。

一体打基礎+塗膜防水。一体打ち基礎を採用して、まずはコンクリート部分につなぎ目をなくし水の侵入を防ぎ、なおかつ表面に塗膜防水を施し、コンクリートのひび割れをケア、さらに保護モルタルをすることで表面の傷を防います。1次防水+2次防水で水の侵入から家を守ります。

そして、ベランダ部分に多く採用があるFRP防水

FRP防水とは液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維マットの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。出来上がった防水層は継ぎ目のないシームレスな層となり、優れた防水性能を発揮します。表面は固く、傷がつきにくい防水工法です。

稲沢市新築工事現場では明日瑕疵保険検査、中間検査があります。金物の取り付け、筋交いの設置確認。後、清水君がボルトの締め付け確認。

 

 

数か所、ビスの取り付け忘れ等あり、すぐに指摘→是正。明日は無事検査が受けれそうです。しかし、暑い一日でした。熱中症には気を付けましょう。

一覧へ戻る