REPORT 現場レポート

配筋検査 稲沢市

おはようございます。

清水です。

 

昨日の現場レポート

 

稲沢市の現場では配筋検査を行いました。

配筋検査とは第三者の検査員の方に来ていただき、鉄筋を組んだ鉄筋の太さ、配置、補強筋、鉄筋同士の重ね長さのチェックをすることです。

 

現場に早く行き検査する前に事前に確認。

 

各区画の鉄筋の間隔や鉄筋同士をつないでいるところの重ねの長さも問題ありませんでしたの検査に挑めます。

 

検査員の方が来られたので検査開始。

鉄筋の間隔や重ねの長さ等をチェックしていきます。

検査は問題なく終わりましたので良かったです。

これでコンクリートを施工する工程に進めます。

 

 

一覧へ戻る