REPORT 現場レポート

給排水先行配管工事 稲沢市

河合です。明日から土台伏せ工事が始まります。
そのため、給排水工事(いわゆる水道屋さん)を先行して行わなければなりません。
今は宅内配管をハイブリット配管で施工します。
水色は水、橙色はお湯の配管です。
2016_1028_091031-IMGP1743
2016_1028_091024-IMGP1742
給湯で銅管配管の頃は特に接続部分のろう付けでの接続部分から漏れが多く発生していました。特に経年劣化のため多く発生。
しかし、今主流のハイブリット配管では格段に漏水が減りました。
そして、ヘッダー工法を採用しているので万が一漏水した場合、漏水した配管のみ取り外しその他の配管はそのまま利用。
止水しなけらばならない時間が減ります。漏水していない部分が使えるという事です。
明日は天気が回復予定ですが、朝一番は雨水を排出しなければなりません。
うれしいのやら、悲しいのやら複雑です。

一覧へ戻る