REPORT 現場レポート

省令準耐火構造

河合です。先日、スタッフさんから省令準耐火構造とは?と聞かれ、大まかに説明させていただきました。しかし、私自身心配になり、すぐに問い合わせ。

省令準耐火構造住宅の特徴は3つあります。

1点目は隣家から火をもらわない(外部からの延焼防止)。もらい火をふせぐには、屋根や外壁、軒裏などを耐火性の高い構造にする必要性があります。省令準耐火構造の場合、屋根は市街地での火災を想定し、火の粉による建物の火災を防止できるように、瓦やスレートなどの不燃材で吹くことになっています。外壁や軒裏については建築基準法の防火構造であることが必要です。

2点目は万が一火災が発生しても一定時間は部屋から火が出ないように(各室防火)であることが必要です。火災の被害を最小限に食い止めるためには火災の発生源とその他の部分を完全に区切り、延焼させないこと。室内の壁や天井には火に強い石膏ボードなどが使用して、防火被覆を施します。これにより、柱などの構造部分に燃え広がるまで時間がかかり、避難や初期消火が容易に行うことができます。

3点目は万が一部屋から火が出たとしても延焼を遅らせることのできる(他室への延焼遅延)。万が一建物内部で火災が起きてしまった場合、壁の内側や天井裏を伝ってほかの部屋に広がってしまいます。省令準耐火構造ではそれを防ぐため、火の通り道となる壁や天井内部の接合部に規定された厚み、幅の木材や断熱材のファイヤーストップ材を設けます。

省令準耐火構造住宅は火災に強いため、万が一火災が生じたとしても被害が大きくなりにくいです。また火災保険料が抑えられるメリットがあります。しかしながら、省令準耐火構造認定を受けるには様々な基準を満たさなければなりません。そのため、プランが確定している場合基準を満たすため追加工事がかかってしまう場合もあります。また各室防火のように部屋が区切られていることや内装制限があり、デザインの自由度が下がる場合もあります。例えば、省令準耐火構造住宅の仕様基準では壁や天井を石膏ボード等で防火被覆し、柱や梁に容易に着火しないようにすることが求められます。したがって柱が露出する真壁工法や露出する化粧柱、梁を現しにすることは省令準耐火構造基準に不適合の為、防火被覆材の上に付け柱(構造材でないもの)するなどコストがかかる場合もあります。

注意していただきたいこととして省令準耐火住宅にして火災保険料が下がったとしても、基準を満たすため追加工事費用などがかさんでしまい、結果的に省令準耐火構造住宅の方がコストアップになる場合もあります。まずは火災保険が安くなるといって省令準耐火住宅を希望する前に費用面でしっかりと比較しながら検討し、家づくりの計画を進めていかなければなりません。

河合工務店では家づくりの関するいろいろな質問にも無料でお答えしますのでお気軽にご相談ください。お待ちしています。

一覧へ戻る