REPORT 現場レポート

気密測定 稲沢市

こんにちは

清水です。

 

今日の現場レポート

 

今日は稲沢市の現場での気密測定でした。

まずは測定機械の設置状況をパシャリ。

いざ測定。

 

 

河合工務店では全棟気密測定を行い、住宅の性能を数値化しております。

基準値をクリアしなければ次の工程には進みません。

現場にはいろんな業者さんが入りますので現場に入る業者さんにも気密に対しては徹底しております。

 

測定結果は

基準をクリアすることができました。

これで次の工程に進みます。

 

そもそも気密測定とは住宅の隙間の量を検査し、測定を行うことです。

隙間の面積はC値という値で示され、

建物全体にある隙間面積(㎠)を延床面積(㎡)で割った数値のことで、建物の気密性能の指標として用いられます。

この数値が低ければ低いほど建物に隙間がなく、気密性が高い住宅といえます。

 

 

話は変わりますが、先日のブログでユニットバス施工の事を載せた現場でしたので施工が完了した写真を載せます。

 

 

 

 

 

一覧へ戻る