REPORT 現場レポート

性能のいい家を造る 透湿防水シート

河合工務店の河合です。河合工務店ではとにかく性能のいい家を造るために使う材料をいろいろなものからチョイスしています。それもなるべくお金がかからず。コスパのいいものを選んでいます。

今回は完成してからは見ることができない材料です。外壁工事で使う防水シート(透湿防水シート)。河合工務店ではデュポン社のタイベックシルバーを採用しています。製品保証も20年ついているのでここも安心。

 

タイベックシルバーは優れた遮熱性を有しています。

遮熱性能

アルミニウムは高い赤外線反射率を持ち、熱の放射を抑える特徴があります。この特徴を生かしたのがタイベックシルバーは赤外線反射率85%という高い遮熱性を有しています。夏は屋外からの輻熱を反射し室内を涼しく、冬は屋外への熱の放射を抑え室内を暖かく保ちます。

遮熱耐久性

真夏の通気層は50度を超えたり、湿度が90%に達したりすることがあり、非常に厳しい環境になります。アルミニウムは劣化しやすい素材の為、この環境に対して技術的な対策を取り、耐久性に問題がないようにする必要があります。タイベックシルバーは独自の構造と特殊コーティングにより酸化劣化を抑え、建材として充分な耐久性を確保しています。

防水耐久性

タイベックシルバーは透湿・防水シートとして30年以上の実績を誇るタイベックハウスラップを基材とし、タイベックハウスラップをしのぐ優れた防水耐久性を発揮します。

このような理由から河合工務店ではタイベックシルバーを採用しています。私と一緒に性能のいい家造りませんか?お待ちしています。

 

 

一覧へ戻る