REPORT 現場レポート

屋根伏せ工事 清須市

河合です。河合工務店では建築家と創る高気密・高断熱住宅をご提供させていただいています。先日に引き続き、今日は屋根伏せ工事。ガルバニウム鋼板(溶融55%Al-Zn合金メッキ鋼板)の金属屋根。1年間の材料標準保証規格を設けている材料です。塗膜15年保証もついています。

 

河合工務店は屋根部分にも通気を確保しています。断熱材の外側に空気を流して湿気を排出することで躯体や断熱材を守ります。断熱層を密閉してしまうと、逃げ場のない湿気は野地板(屋根下地材)や垂木といった周囲の木部の含水率が上がり、躯体の劣化が進む原因になり得ます。特に屋根部分は日光や雨の影響を強く受ける厳しい環境下に置かれるため、なおのこと通気層を確保が重要だと考えています。

  

R+ハウスの高性能断熱パネルの設置状況の確認です。特に釘のうち忘れがないかモ確認します。

 

 

室内では筋交い、筋交い金物の設置状況の確認

 

 

この後は構造金物の取り付け状況、締め付け状態も確認していきます。マーキングの為、スプレーを忘れずに!

一覧へ戻る