REPORT 現場レポート

定期1年点検 幸田町

河合です。今日は1年点検を行いました。コロナ渦最中ですのでなかなか日程確定ができず、ようやく今日訪問させていただきました。建築家の先生の家ですのでデザインがいい意味で尖っています。ちなみに家も尖っています。

まずは猫ちゃん(名前はカエデちゃん)がお出迎え。恥ずかしがり屋なのかなかなかこちらを見てくれません。

外周部分からの確認です。まずは水道メーターのふたを開け、検針を見ること1分間

この後、排水桝のふたを開け、詰まりなどないか確認させていただきました。問題なし。こだわりの外壁も確認。チャネルオリジナル製の防火木製サイディング(ウィルウォール)

 

尖っている部分も割れ、剥がれ等の確認(上部は木製サイディング、下部はモルタル木ゴテ仕上げ)

 

ひびは入っていましたが想定内の範囲でした。良好です。室内に入り、住設機器の作動確認。

 

ベランダ部分の防水確認(ひび割れ、めくれ等の有無)

 

ユニットバスの天井から天井裏の確認(問題なし)

 

最後に作業服に着替え、頭にヘッドライトを装着して床下点検。匍匐前進で進みます。今回はお昼ご飯を抜きにして挑みました。

 

水の侵入等もなく、換気状態もよく良好です。天井、壁が全て針葉樹合板仕上げ(職人泣かせの仕上げです)ので隙間等もなく、後のメンテナンス不要。現場サイドから見るとアリだと思います。点検と言いながら、ぐるりと点検のみ。後はほとんど世間話で盛り上がり、非常に有意義なお時間をいただきました。ザ・建築家の家です。興味がある方、案内させていただきます。 

 

一覧へ戻る