REPORT 現場レポート

外基礎断熱 パフォームガード

河合です。江南市新築工事現場では基礎業者さんが型枠撤去、整地工事。河合工務店の一押し工法の外基礎断熱+一体打ち基礎。百聞は一見に如かず。こんな感じです。

職人さんたちは型枠を撤去して、基礎内の清掃中。

 

基礎もしっかりと断熱。

月曜日から左官職人さんが断熱材の保護の為、樹脂モルタル+メッシュシートで覆います。

補足ですがコンクリート自体、保温材の働きがあります。夏場は外気の熱気によって基礎コンクリート自体が暑くなり、冬場は外部の冷気によってコンクリート自体が冷たくなります。その影響で床下空間が熱くなったり、寒くなったりするのを基礎の外側で断熱することで外から伝わる熱を遮断できるので床下環境が温度変化が少なくなります。そのことで室内の快適空間を得ることができ、さらに空調機器の負担を減らすことで財布にも地球環境にも優しいECOな住宅を創ることができます。河合工務店では基礎にもしっかりとこだわっていい家づくりを提供しています。

一覧へ戻る