REPORT 現場レポート

壁通気工法 扶桑町

河合です。扶桑町新築工事現場。外壁の職人さんが木下地を施工。河合工務店では外壁部分には通気工法を採用しています。そして職人さんにより確実な施工をしていただくため通気胴縁を使っています。外壁部分に通気を確保することで空気の流れによって湿気を外部に排出。同時に室内側の水蒸気(湿気)を壁内に入れないようにすること(気密化工事)をすることで木材を乾燥させて、建物の耐久性を高まる。よってメンテナンス費用もより掛からなくなり、家計にも負担が少なくなる工法です。いわゆる高気密・高断熱住宅です。

 

 

外壁材も搬入されました。

 

この後、江南市新築工事現場にも立ち寄りました。今日は外部足場撤去工事。

 

あっという間に解体完了。来週からブロック積工事を着工していきます。大工工事も来週中には完了予定。

 

 

タイル工事の準備に入ります。

 

 

 

一覧へ戻る