REPORT 現場レポート

基礎配筋 

河合工務店の工務担当の河合です。少し長くしてみました。

一宮市新築工事現場では基礎配筋組工事が完了しました。明日は大雨が降る中ですが、基礎配筋検査があるので早速確認。まずは全景

図面を見ながら、スケールを当てて確認(ベース配筋が150㎜ピッチ、200㎜ピッチ)

 

建物のほぼ中心部には地中梁を組んでいます)

角部分は上下に補強筋を設置(指示書通りの配筋組)

 

基礎貫通部にはウェブレンを使用し、補強(第1種換気システム(マーベックス採用))

ベース配筋部分のかぶり厚さも確認

 

検査後から型枠組工事の予定です。外基礎断熱工法(一体打ち基礎+外側に断熱材(防蟻処理すみ))。それプラス、外周部分にタームガードシステムを設置します。防蟻対策は2重対策を講じています。

一覧へ戻る