REPORT 現場レポート

基礎レベル確認 高気密・高断熱住宅 一宮市

河合です。建築家と創る高気密・高断熱住宅

明日から大工さんが土台伏せ工事を行います。その前に基礎のレベルがきちんと施工されているか、河合工務店の基準値をクリアしているか確認。高気密・高断熱住宅の重要な一つに気密性能を確保することがあります。基礎のレベルが良くないと、その部分から漏気を招いてしまいます。後工事ではなかなか直すことできない部分なのでより慎重にならなければなりません。計測誤差を防ぐため、基準点も移動して2回測定します。

 

基礎レベルの誤差は±1.5mm以下でしたので、合格です。明日から土台伏せ工事も着工できます。この後は今週末に仮設足場撤去予定の名古屋市新築工事現場に立ち寄りました。樋の取り付け工事も完了していましたので、実際に水を流して、きちんと流れるか目視で確認しました。

まずは取付状況の確認

 

バケツをもって、水を流します。

 

水が流れていくのを確認できました。内部工事も着々と終ってきています。4月末にはオープンハウスを開催します。お披露目できるのが楽しみです。お待ちしています。

 

 

一覧へ戻る