REPORT 現場レポート

基礎のこだわり

河合です。今日は一日中打ち合わせ。お施主様との会話の中で、基礎の重要性も語らせていただきました。河合工務店ではできる限り(状況、予算に応じてですが)基礎工事は一体打ち基礎を推奨させていただいています。

 

 

一般的に住宅の基礎を作る場合、コンクリート打設工事は2回に分けて行っています。まずは配筋組の後にベース部分で一回目。そして立ち上がり部分の型枠を組んでから2回目のコンクリートを打設します。

単純に考えて2回に分けずに一回で打った方がつなぎ目もなくコンクリートが一体になって強い基礎ができると思いませんか?

その通りで一回でコンクリートを打った方が強い基礎ができます。業者間の話でも、一体打ち基礎がいいと思っている人はたくさんいます。

ではなぜやらないかというと技術的に難しい、手間がかかるし、お金もかかる。

基礎のコンクリートの外回りの型枠は地面に固定ができるので問題はないのですが、内部の型枠は空中に浮かせて固定する必要があります。ここが難しいため、多くの工事会社がコンクリートを2回に分けて施工しています。最近ではメーカーさんから型枠を浮かせることができる治具も出てきています。しかしながら、施工実績がないとなかなか精度を出すことが難しい。

では2回に分けてコンクリートを打つと一発打ち(一体打ち)に比べて基礎が極端に弱くなるのかというとそうではないと思います。

鉄筋マンション、公共(警察、学校などの鉄筋コンクリート構造物)は当然一回で打つこともできるわけなく、計画を立て材料検査をやりながら造っています。コンクリートを打ち継ぎ部分の管理をしていけば、極端に強度は落ちるわけでもありません。

 

数年前ですが、大雨が降ったことがあり、建物周辺に雨水が地面から20センチほど溜まっていました。その時、基礎パッキン工法で建てた家なのに床下浸水していたのです。基礎パッキン工法とは従来の基礎の弱点であった換気口を設置せずに床下の換気量を増やすことができる優れた工法です。今では多くの住宅がこの工法を採用しています。この工法で建てているので換気口はありません。なのに床下浸水をしていました。

床下に入りどこから浸水しているか検証したところ、基礎の打ち継ぎ部分から浸水しているのを確認。床下に入って水を掻き出し、送風機をかけて乾燥させました。そして打ち継ぎ部分には防水処理を施し浸水しないように施工。この作業に費やした日数は1週間ほど。何度も言いますが一般的なべた基礎はコンクリートに継ぎ目ができます。

ベース部分と立ち上がり部分が一回で打設できる工法一体打ち基礎なら、すべて解決できる。すぐに既存業者さんにお願いをしましたが、技術的に難しいと断られました。関係業者さんを通じて今の基礎工事業者さんと出会うことができました。

このような経験をし、少しでもいいものを提供したいとの思いから基礎一体打ち工法を推奨しています。

 

一覧へ戻る