REPORT 現場レポート

地震に強い家づくり モノコック構造

河合工務店の河合です。河合工務店では地震に強い家づくりをしていますので、もちろん構造にもこだわりがあります。日本古来から伝わる木造軸組構造は木の柱や梁などの骨組で支えられているのに対してモノコック構造の家は、柱や梁、土台を構造パネルで一体化し、6面体の箱型にすることで外からの刺激を建物全体で受け止めることができます。

従来の木造軸組構造は骨組で支えるので、外からの力(台風や地震)でゆがみや変形を起こす心配があります。しかし、河合工務店が採用しているモノコック構造は外からの力を面全体で受け、バランスよく力を分散して変形しにくい仕組みになっています。その為、木造軸組構造に比べ強度が高い家を造ることが可能になりました。6面体の箱型することで頑丈さだけでなく、空間設計においても、間仕切り壁を少なくすることで自由な居住空間を確保することができます。また、耐震性や耐久性だけでなく。耐火性、遮音性、耐熱性にも優れています。

外周部全面に耐力面材(断熱材付き)を施工しています。

 

内部

 

構造金物の施工途中(構造計算によって指示されています)

 

 

家の構造にもこだわっていますが、さらに構造計算をすることで耐震等級3を確保しています。河合工務店と一緒に地震に強い家づくりをしませんか?お待ちしています。

一覧へ戻る