REPORT 現場レポート

地盤改良工事 砕石パイル工法

河合です。稲沢市新築工事現場

今日から地盤改良工事が始まりました。

河合工務店では砕石パイル工法を標準採用しています。

以前は違う工法で行っていましたが、施工精度などいろいろな観点からこの工法がベストと思い、採用しています。

この砕石工法も会社さんによって違いますが、モニターで確認、管理しながらの施工。

そのため、数字で管理できているので信用ができます。

杭芯にドリルで穴をあけていきます。

 2018_0122_133911-IMGP0047 2018_0122_133950-IMGP0049  

この際、圧密しながら、杭穴を構築。そのため残土がほとんど出ません。

2018_0122_101003-IMGP0041 2018_0122_135947-IMGP0068

用水路がすぐ横に流れているので、地下水が湧いているのがわかります。

砕石を入れ、圧密して砕石杭を構築していきます。この際に砕石量もモニターで管理。

2018_0122_140155-IMGP0071 2018_0122_140231-IMGP0072

一定量の砕石を投入して、押し圧棒にて転圧。これを数回繰り返していきます。

2018_0122_140547-IMGP0074 2018_0122_140609-IMGP0075

2018_0122_140824-IMGP0078 2018_0122_140836-IMGP0079

今日、明日2日間で施工していきます。そして、今回構築した杭1本を杭頭平板載荷試験を行う予定です。

今日の11時から河合工務店の新事務所の地鎮祭を行いました。

場所は国道22号線沿い。

最後に神主様とスタッフ一同で記念の一枚。ついでに私も一枚。

2018_0122_112044-IMGP0044 2018_0122_112010-IMGP0043

寒い中お疲れ様でした。

只今、小林さんが設計中。ゴールデンウィークくらいには完成?。

まだ未定です。

 

 

 

 

一覧へ戻る