REPORT 現場レポート

土台伏せ工事を行いました。あま市

河合です。今日も天気が良い。基礎の土間コンクリートもしっかりと乾いています。
今日は朝から竹下建築の大工さん3人で土台伏せ工事を行いました。
今日は、写真がズラリと並びます。
そして、その途中で葉栗電気さんが第1種換気システムも設置していきました。
まずは、建物の気密に非常重要な気密パッキンの設置。気密を確保するのに何度も言いますが非常に重要工事。
2016_1007_112943-IMGP1367
2016_1007_113230-IMGP1368
基礎の天端すべてに敷き詰めます。このパッキンの厚みが約10mmあります。これをアンカーボルトで約1mm程度までにまるまで締め付けて気密を確保。
基礎内断熱のため、外周部に面する立ち上がり部分に断熱材を張り付けていきます。
2016_1007_120907-IMGP1369
ベース部分にも設置していきます。
2016_1007_121348-IMGP1370
アンカーボルトの天端には熱橋を防ぐためウレタンを吹付け。
2016_1007_133849-IMGP1371
基礎天端と土台の取り合い部分には気密を確保するためコーキングにて処理していきます。
2016_1007_133921-IMGP1372
土台、大引がセットできたら今度は葉栗電気さんが第1種換気システムをセット。
2016_1007_135603-IMGP1373
床下を配管が張り巡らされています。床下も居室扱いにしなければならないので気密性を確保します。
2016_1007_153327-IMGP1385
ここまで来たら、あともう少しです。
この後ネタレス合板を敷き詰めていきます。今日中に完了させなければいけないので大工さんも頑張っていただいています。
2016_1007_165741-IMGP1391
ネタレス合板を設置した後、養生シートを敷いていきます。これではもし雨が降ったら、床下が濡れてしまいます。
2016_1007_173709-IMGP1394
さらに厚手のブルーシートで養生。6時過ぎに終了できました。ゴミの清掃、後片付けも完了。
しかし、もう真っ暗です。
2016_1007_183620-IMGP1395

一覧へ戻る