REPORT 現場レポート

土台伏せ工事 一宮市

河合です。一宮市時之島新築工事現場
今日から土台伏せ工事が始まりました。通常2日間くらいかかるのですが、今日の夜から雨。
そのため、いつもより大工さんを増やして作業です。
8時過ぎに現場に着くとすでに大工さんは作業中。
一部まだ濡れていましたが、すぐに乾いてきます。
2017_0222_083732-IMGP3515
土台を所定の位置に配置して墨出しをしていきます。
大工の棟梁さんと打ち合わせをして次の現場に移動です。
また昼過ぎには戻る予定
一宮市篭屋新築工事現場
内部の造作工事もだいぶ進んできました。
2017_0222_092600-IMGP3517
2017_0222_092613-IMGP3519
玄関横のRの開口
2017_0222_094418-IMGP3521
今日は外の木製サイディングを施工
まずは材料(レッドシダー)を確認して、壁の張りだし、割り付け確認
2017_0222_101021-IMGP3522
この材料はラフ面が仕上です。この材料は裏面がプレーナー仕上がりになっているのでよく間違えます。
何度も言いますが、ざらざらの方が表です。
2017_0222_101025-IMGP3523
一通り打ち合わせをして、一宮市時之島の現場に戻りました。
土台伏せがほぼ完了。そして断熱工事
2017_0222_142501-IMGP3525
2017_0222_150125-IMGP3526
2017_0222_150736-IMGP3528
現場に着き、外周廻りを掃除していると防蟻屋さんが到着。
早速、作業にかかります。薬剤はホウ酸を使用。土台にはベイヒバを採用していますが、念には念を入れます。
2017_0222_150740-IMGP3529
2017_0222_151452-IMGP3535
ひとつひとつ薬剤を掛けていきます。
この後は、ネタレス合板を敷き詰め、土台伏せ工事が完了します。
明日は構造体、羽柄材などの材料が搬入します。
土曜日にはいよいよ上棟です。

一覧へ戻る