REPORT 現場レポート

国産材 檜、杉

河合工務店の河合です。今日は岐阜県白川町を訪問。目的は今後、オール国産材(東農ひのき、杉材)を使えるようにお願いをするために建築組合の業者さんとの打ち合わせ。

今、建築業界はウッドショックの中頑張っていますが、さすがに材木が高すぎる状態になっています。それも外国産の米松、ホワイトウッドもいつ入荷するかわからない状態。いつまで続くかもはっきりとしない状態です。それならばと思い、知り合いを通じて岐阜県白川町の組合の方を紹介していただきました。早速、木材の集積場を見学。

 

たくさんの木が保管されています。ウッドショック??となってしまいます。

その隣にある、木材市場

近い時期に再度訪問を決定。再度打ち合わせを行う予定です。今回のウッドショックを次へのステップアップと考え、国産木材の見直しを検討していきたいと思います。

一覧へ戻る