REPORT 現場レポート

全棟気密測定 河合工務店

河合です。一宮市新築工事現場。今日は15時から気密測定検査を行いました。河合工務店ではすべての家の気密測定検査を行っています。これは建築家と創る家の為、ハウスメーカーさんとは違いひとつとして同じ形状の家がありません。しかし、家は性能が重要と思って作っていますので必ず、気密測定検査を行ってから工事を進めていきます。特に気密性能は実測できますし、測定方法もJIS A 2201(送風機による住宅等の気密性試験方法)による減圧法で行っています。(ただし、引渡し寸前の完成している状態ではありません。)

測定器の設置状況

 

スイッチON 送風機のプロペラが回り、室内の空気を外に排出。

 

建築過程での検査ですので、より高気密を実現するために修正可能な気密漏れを防ぐために行っている検査です。

 

大工さん、いい仕事していただきました。毎回ですが、今回もいい数字です。C値1・0を楽々クリア、河合工務店の基準も楽々クリアしていただきました。機械誤差、計測誤差があるといけないので、再度行いました。これまたほぼ同じ数字。合格です。お施主様にも胸を張って報告できます。最近、大工さんも腕を上げてきました。いいことです。

 

 

一覧へ戻る