REPORT 現場レポート

一体打ち基礎+外基礎断熱

河合です。ここ最近、とても過ごし易い季節になってきました。河合工務店のこだわりの一つ、基礎工事。一般の人にはなかなか理解していただけない部分ですが、基礎工法の大切さ、重要さ。高気密・高断熱住宅の基礎は基礎内部分も居室と考えていますので、外気よりもシロアリには住みやすい環境になっています。シロアリは基礎部分の隙間から入ってくる場合もあります。基礎の隙間とは打ち継ぎ部分。この部分を解消するため、ベース部分と立ち上がり部分を同時施工する一体打ち基礎工法を採用。これが私のこだわり。

伝票も確認

現場でのコンクリート材料検査

圧縮破壊検査の為の供試体6本      スランプ試験

 

コンクリート打設状況

 

 

明日は基礎天端レベル工事になり、コンクリートの養生期間に入ります。

 

一覧へ戻る