REPORT 現場レポート

一体打ち基礎 清須市

河合です。基礎養生期間が終わり、基礎型枠を外し、整地を行いました。基礎の天端レベル確認(±1.0mmを基準値)。何か所か修正、是正工事を行い次の工程入ります。高気密・高断熱住宅では基礎空間も室内と考えていますので基礎からの漏気を防ぐためこの工程もかなり重要です。クリアしているのを確認できましたので来週から大工さんが土台伏せ工事、週末の上棟の準備です。まずは全景

折角なので横からも撮ってみました。ジャンカもなく良好です。

 

自画自賛ですがいい感じに仕上がっています。やはり、一体打ち基礎は美しい、惚れてしまいます。

名古屋市新築工事現場では大工工事も終盤。来週には完了予定。 

 

階段下地組も完成。後は踏板を設置。

外部の木製サイディングも張り終わっています。外壁のスタッコフレックスの下地処理も完了。

 

来週から仕上げ工事に入ります。

一覧へ戻る