REPORT 現場レポート

フローリング施工 稲沢市の現場・一宮市の現場

こんにちは

清水です。

 

本日の現場レポート

 

まずは、稲沢市の現場では大工さんがフローリングを施工していました。

ある程度施工したら傷つけるといけないので養生していきます。

 

稲沢市の現場は無垢のオーク材のフローリング15㎜を使用しています。

オーク材は家具やワインの樽の材料などに広く使われ、木肌は堅く傷などがつきにくいことから床材としての利用は永い歴史があります。

木目は比較的はっきりし、木目の濃淡がアッシュよりも弱いため全体的に統一感が保たれます。

 

 

邪魔してはいけないので稲沢市の現場を離れ、一宮市の現場に向かいます。

一宮市の現場でも大工さんがフローリングを施工していました。

一宮市の現場も稲沢市の現場と同じ無垢のオーク材を使用します。

2つの現場は同じオーク材を選択されましたが、オーク材以外や無垢材以外も対応可能です。

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る