REPORT 現場レポート

シロアリ対策 タームガード

河合です。住宅にはシロアリ対策が必須工事。特に高気密・高断熱住宅には通常の住宅よりも快適環境が整っているのでより慎重に進めなければなりません。河合工務店では外基礎断熱工法でご提供させていただいた住宅にはさらに防蟻対策を強化。基礎一体打ち工法で立ち上がり部分の隙間をなくし、断熱材は防蟻処理してあるパフォームガードを使用してさらに基礎外周部分にタームガードを設置。トリプルで対策を取っています。

今回はタームガードの設置状況、確認

 

このように配管

 

お引渡し前にこの配管から薬剤注入して、土壌処理。シロアリ対策をしています。この工法のもうひとつのメリットは、次回の防蟻処理工事(5年後になります)の際、室内に入る必要もなく外部からのみで工事が完了することです。お施主様にとっても良い事が多いのも採用した理由の一つです。結構いろいろ考えて家づくりをしています。

家づくりは最初が肝心で、金額だけで家づくりを進めてはいけません。

一覧へ戻る